12月29日(金) 南関競馬のメインレース解析結果

こんばんは、グージンです。明日の南関競馬のメインレース解析結果をお届けします。

【大井09R】東京大賞典(GI)
○◎B(01)キングズソード / 62.5%
▲-B(07)グロリアムンディ / 28.8%
△▲C(09)ウィルソンテソーロ / 43.3%
△△C(03)テンカハル / 35.1%
--------------------
-○D(05)ウシュバテソーロ / 45.6%
-△D(08)ミックファイア / 30.6%

明日のメインは、2023年のダート競馬の総決算「東京大賞典」です。実績・人気ともに断然の⑤ウシュバテソーロですが、的中評価で2番手に推された一方で、期待値ランクはD評価止まり。少なくとも、軸馬としては人気ほどの信頼は置けません。回収評価2番手・的中評価1番手の①キングズソードを軸にして三連系馬券を攻めても良いですし、人気ブログランキングにて公開中のSランク◎の単複馬券でも十分な配当を狙えるでしょう。もっとも、地方競馬ファンとしては解析結果にかかわらず、無敗の三冠馬⑧ミックファイアを応援したいと思います。ではでは。

▼南関競馬全レース解析結果はコチラ
スポンサーサイト



0 Comments